今月のオススメ商品

子供の教育費

子育ての教育費用は思った以上にかかります。「子どもの学費は準備しないでも何とかなるよ」と軽く考えていると、進学先の入学金や授業料など、まとまった資金の用意が間に合わず、子供に悲しい思いをさせてしまうかもしれません。では、どれくらい必要なのか。
平成22年度文部科学省「子どもの学習費総額」を参考にしてください。

平成22年度子どもの学習費総額

区分 幼稚園 小学校 中学校 高等学校(全日制)
公立 私立 公立 私立 公立 公立 公立 公立
 学習費総額  231,920  537,518  304,093  1,465,323  459,511  1,278,690  393,464  922,716
 うち学校教育費  129,581  358,313  54,929  835,202  131,501  990,398  237,669  685,075
 うち学校給食費  18,834  28,078  42,227  46,052 35,448  9,429  ー  ー
 うち学校外活動費  83,505  151,127  206,937  584,069  292,562  278,863  155,795  237,641

(注)平成22年度の年額である。 (単位:円)

お子様1人に対してですから、お子様が2人なら2倍、3人なら3倍ですよね。
上記の表から月平均をだし、住宅ローンの毎月の返済額を足せば、毎月どれくらい必要かわかりますよね。

教育方針を早く決めて、準備することが大切になります。

Return Top