今月のオススメ商品

中古を買ってリノベーションの「メリット」

新築では予算的に難しい方でも、中古住宅なら自分の予算内で見つかるかもしれません。ただし間取りや広さまで全ての面で満足する物件となると、探すのに苦労するでしょう。
そんな時には中古を購入して、リノベーションをしてみてわ。
スケッチハウスでは、物件とリフォームの総額から検討でき、今後の資金計画も無理無く進めていく事が可能です。

中古住宅のいいところは、新築に比べて圧倒的に安く購入できることです。
新築物件に1日でも入居すると「中古物件」となり、価格が大きく下がります。
築15年くらいまでは価格の下がり幅が大きいようですが、それ以降はそれほど変わりはないようです。
既存の柱や梁を生かして上手にリノベーションすることで、家族の希望する家づくりが、新築よりもお手軽な価格で実現することができます。

「子どもの校区が変わるのが…」「友達がいるから今の地域がいい」など、みなさん、それぞれ今の地域へのこだわりがあるはず。中古住宅なら、常にいろいろなエリアで売り出されているので物件数も豊富です。
地域を限定して探すなら、新築よりも断然、選択肢が多くなります。
不動産会社にも「このエリアで見つけたい」とはっきり伝えておくことで、その地域に限定して、条件に合った物件が出るたびに情報を教えてもらえます。

中古物件の場合、現在の生活感のある街並みや、近隣の雰囲気をチェックすることができます。物件の状態はもちろん、日当たりなどもつぶさにわかります。
中古物件なら実際に自分の目で確かめてから買うことができ、プロの目で診断してから購入することも可能です。
スケッチハウスなら、リノベーションに最適な物件探しの段階から専門家が同行し、「間取りの変更がしたい」「水まわりを交換したい」「耐震補強は必要?」などの、お客様のご希望やご相談をその場で解決する事が出来ます。

中古物件を購入してリノベーションする場合、住宅ローンにリフォーム費用を組み込んで一括して借りることができます。
後からリフォームローンを組んでリフォームするよりも低金利で借り入れできるうえ、手続きもまとめてできるので便利です。ただし、借りるには銀行の審査があり、必要な費用を全額借りられるとは限りません。
また、物価価格に対して工事費用が大きいと住宅ローンに組み込めず、自己資金または別途ローンが必要になることもあるので注意が必要です。

Return Top