今月のオススメ商品

東大阪・八尾市・大阪市で自然素材の注文住宅・リフォームをするならお任せください。

 

ただいま、当社でリノベーション「リプラン」で工事中のお宅。

 

先日は解体を紹介しましたが、今日は基礎です。

解体を終わってみると、基礎がない…..

 

前面と裏の通は柱がレンガの上にのっているだけ。

 

左右は赤レンガ3段の上に土台があり、柱がのっていました。

 

昔の古い長屋ではときどきあります。赤レンガ基礎。

当たり前ですが、アンカーボルトなど金物は一切ありません。

 

mCIMG9303 mCIMG9312

 

ということで、基礎は全てやり替えです。柱を全て浮かすのは危険ですし、専門業者にお願いすると、

 

費用が高くなるので、2回に分けて基礎工事を行います。

 

まずは基礎のない全面道路側と裏の通り。型枠・鉄筋組み・コンクリート打設です。

 

設計事務所に基礎鉄筋組みのアドバイスを頂き工事をしています。

 

mCIMG9413 mCIMG9430 mCIMG9509 

基礎が出来上がり、基礎の上に基礎パッキンを引き、土台を敷きます。

基礎パッキンは床下換気のために外周基礎の柱・土台継ぎ部分・適正な間隔に置きます。

これで、外周全面から床下に空気が流れ、白蟻や腐朽菌を寄せ付けない好条件を作ることで

発生を未然に防ぐこともできます。

 

 

Return Top