家づくりの理念

次世代に引き継がれる家づくり

「家族と一緒にこの家に住んでいることを喜んでもらいたい」

構造・気密・断熱・省エネがしっかりできているからこそ、次世代に引き継がれる家ができます。私たちが本当に良いと思うからこそ、自信をもってお客様におすすめする事ができます。

家づくりのポリシー

これまで日本の住宅寿命は欧米と比べると大変短く、壊しては建てるの繰り返しを行ってきました。

しかし、少子高齢化や人口減の中、今までと同じことをしていると、資源は減少し、CO2は増え続け、環境によくない家づくりが続くことになります。

未来の子供たちのために、どのような家づくりがベストなのか?
次世代の方々が、この家なら古築物件でも住んでみたいと思う家づくり。

それは、「健康に」・「快適に」・「安全に」・「省エネに」暮らせる家でした。

宮本工務店はお客様に喜んで頂くために「健康・快適・安全・省エネ」を追求し、高性能な家を、次世代に引き継がれるように取り組んでいきたいと思います。

高気密・高断熱で健康・快適に暮らす

断熱性能が高い家は、建物全体の温度を一定に保つことができるため、冬場、部屋間の温度差でおこるヒートショックを軽減でき、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞の予防にもなります。

一年を通じて健康維持に適正な室温を保つことができるため、快適に暮らすことで、健康を改善する効果もあるようです。

モノコック構造で安全に暮らす

日本は地震大国であり、いつ大きな地震が起きてもおかしくありません。
そのため、住まいは家族・財産を守り、繰り返しの余震にも耐える安全な家でなければなりません。

耐震性にこだわり、モノコック構造と制震テープにより、耐震等級2以上の耐震構造にし、大規模地震や余震にも耐えれる住まいをご提供しています。

また、高い気密性能を持つことから、巨大竜巻や台風・豪雨など、風や雨の自然災害にもその強さを発揮します。

省エネに暮らす

季節のよいときは外からの風が心地よく、冬は陽だまりにポカポカの暖かさを感じる。
そんな快適さを生み出す自然の力を活かし、太陽光発電により、暮らしのエネルギーを自給自足できる、エコでお得な家が実現できるよになりました。
ランイグコストは生涯かかる費用です。負担が少ないとリタイヤ後ゆとりが生まれます。

Return Top