スーパーウォール工法

スーパーウォール工法とは

スーパーウォール工法の家は、業界最高水準の基本性能を誇る、高気密・高断熱・高耐震構造。

高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ及び計画換気システムが生み出す、健康・快適・安心・安全な理想的な住環境を実現します。

SW工法の高気密・高断熱

SW工法のすぐれた断熱性能は、高性能な硬質ウレタンフォームを使用したパネルで家全体を囲うことで、夏涼しく冬暖かい、温度差の少ない快適な暮らしができます。
すぐれた断熱性能を活かすためには、気密性も高める事が重要となり、SW工法住宅ではC値1.0を基準とし、全棟において気密測定を行い、性能報告書をお客様にもご確認いただいております。

 

「暖房が効いているはずなのに、足元がなんだか寒い」という経験はありませんか?これは窓や見えない隙間から冷気が侵入し、冷たい空気が重いため、足元に溜まるからです。しかし、断熱・気密性が高い住宅では、部屋の上下の温度差が少なく、冬でも頭から足元まで暖か。
家の中でも最も寒いと言われるトイレや洗面においてもリビングとの温度差が少なく、突然死のリスクとなるヒートショックの心配もありません。

SW工法の耐震性能

SW工法は、木造軸組工法とパネル工法を組み合わせた、モノコック構造。壁・床・天井が一体化した箱型構成により、大きな外力にも変形しにくい特徴を持ちます。
建築基準法で木造最高レベルとなる、「壁倍率5倍」を実現しています。

「木造軸組+パネル」の高耐震モノコック構造によるSW工法住宅に、制震テープを取り付けることで、家がまるごと制震装置になります。大きな地震、繰り返す余震から、お客様の大切なご家族や財産を守ります。

SW工法の計画換気システム

SW工法の換気システムは世界トップクラスの熱回収率(90%)。
温度と湿度の両方を交換することが可能で、室内の快適さをそのままに家全体の換気を行うことができます。

SW工法のパッシブデザイン

SW工法の高気密・高断熱だからこそ、自然のここちよさを感じることができます。
建物を工夫し、光と風を取り入れ、室内を夏は涼しく、冬は暖かくするため、省エネで快適に暮らせることができます。

Return Top