リノベーション

リノベーションとリフォームの違いってわかりますか?簡単に説明します。

リノベーションとは

古築物件を大規模な改修工事を行うことで、そこに住む人の暮らしにあわせた創りをし、デザインや性能を向上させることで、建物の価値を高めることを言います。

リフォームとは

キッチンやトイレなど水回りの設備や外装の塗り直し、壁紙の張り替えなど部分的に改修することがリフォームになります。

 

あなたはどちらをご検討ですか?  リノベーション リフォーム 

古築物件×リノベーション RE+PLAN

住みたいエリアで、コストを抑えて、自分スタイルの間取りに。RE+PLANは新しい住まいのあり方です。

お客様が安心して古築物件を購入し、楽しくリノベーションができないか、そんな思いから「リ+プラン RE+PLAN」が誕生しました。

こんなことないですか?

よい古築物件があり、購入しようかどうか迷っているが、不動産業者に、他のお客様も購入をご検討されているので、早く決めた方がいいですよって言われて、どうしようか・・・・

不動産業者は早く買って欲しいので、急かします。

でも・・・ 本当にこの物件でいいの?

建物の判断基準を知らない、お客様が決断するのは難しいのではないでしょうか。

弊社では購入物件でどのような間取りや暮らしかたをご希望されているかお伺いし、検討物件を「既存住宅状況調査技術者」が、建物調査を行い、アドバイスさせて頂きます。

リノベーションは新築工事をするよりも基礎・構造体・内装・設備など技術と経験と知識が必要とされる工事です。弊社では設計は自社設計 工事は自社責任施工です。

アフターも安心してお任せください。

※ RE+PLANは戸建のみのリノベーションです。

マンションの工事はお受けすることができません。ご了承ください。

リノベーションのメリット

■間取り変更がしやすい

古築物件を購入された場合はそもそも間取りが決められています。家族のライフスタイルに合わせて暮らすためにはリノベーションが必要になります。

戸建て木造住宅の場合は比較的自由に変更できますが、構造上取る事ができない柱・梁がある場合や、2×4工法やプレハブ工法の場合は間取り変更できない事もあるので注意が必要です。

■地域を限定して物件を探すなら

自分が希望する地域で希望通りの土地や新築物件を探すのには大変苦労するかと思います。リノベーションを前提とすれば、古築物件を購入することとなり、新築と比べより安い予算を設定できるため、立地の選択肢が大きく広がります。また、間取りや内装、設備機器が条件を満たしてなくても、リノベーションを前提として購入するためあまり気を使う必要もないです。古築物件なら自分の目で確かめてから買うこともできますし、プロの目で診断してから購入するとより安心できるのではないでしょうか。

■コストを抑えられる

新築を購入する場合の費用と古築物件を購入してリノベーションする場合の費用を比べると、古築物件を購入してリノベーションする費用の方が、15%~20%程安く済むことがあります。
既存の柱や梁を生かして上手にリノベーションすることで、家族の希望する家づくりが、新築よりもお手軽な価格で実現することができます。

リノベーションのデメリット

■古築物件は耐震性が不安

古築物件を購入する場合には築年数に注意が必要です。建築基準法の改正により基準が引き上げられ、耐震性が現在の基準を満たさなくなっている場合があります。そのため、耐震補強など基準を満たすようにしようと思うと、費用がかかってしまい、せっかくコストをおさえることができるというメリットを活かせなくなってしまいます。
特に、昭和56年5月31日以前に建築確認を受けて建てられた建築物は、同年6月に耐震基準の大幅な見直しが行われたため、それ以前に建築確認を受けているかどうか確認することがポイントです。

■住むまでに時間が必要

古築物件を購入して住むだけなら、引渡しを受ければ直ぐに住めますが、リノベーションの場合には、購入前に建物検査をし、物件の仮契約に設計、購入後に施工など作業までに時間がかかります。

デザインや仕上げ材にこだわりがあると、建築士との打ち合わせも十分に必要であり、住むまでにはある程度時間が必要になります。

■ローンの金利が高くなる

古築物件を購入しリノベーションを行う場合、多くの方がローンを利用します。

リノベーションの費用は多くの金融機関が一般の住宅ローンでは利用できないため、住宅ローンとは別に、リフォームローンを組む必要があります。リフォームローンの金利は住宅ローンよりも高いため、まとめると金利が高くなります。最近では、住宅ローンとリフォームローンがセットになっている商品が少しですがあります。詳しくはお問い合わせください。

古築物件リノベーションの流れ
STEP 01ご相談どのようなリノベーションをしたいのかをお聞かせください。
STEP 02物件調査現在のお住まいの調査、若しくはご検討物件がある建物調査。築年数が経過していて耐震性に不安がある場合は任意で耐震診断を承ります。
STEP 03プランニングヒアリングしたご要望と現場調査の結果を基にプランを作成し、ご提案いたします。工事費用の概算見積りやスケジュールなどをご確認いただきます。
STEP 04ご契約打ち合わせを重ね、最終プランにご納得頂けましたら、工事の請負契約を締結します。
STEP 05工事着工工事着工前にご近所に挨拶周りをさせていただきます。工程表と設計図面に基づきながら、工事を進めます。
STEP 06工事完了工事が完了しましたらお施主様立ち会いのもと完了検査を行い、手直し等がある場合は手直し完了後、お引渡しになります。
STEP 01 ご相談 どのようなリノベーションをしたいのかをお聞かせください。
STEP 02 物件調査 現在のお住まいの調査、若しくはご検討物件がある建物調査。築年数が経過していて耐震性に不安がある場合は任意で耐震診断を承ります。
STEP 03 プランニング ヒアリングしたご要望と現場調査の結果を基にプランを作成し、ご提案いたします。工事費用の概算見積りやスケジュールなどをご確認いただきます。
STEP 04 ご契約 打ち合わせを重ね、最終プランにご納得頂けましたら、工事の請負契約を締結します。
STEP 05 工事着工 工事着工前にご近所に挨拶周りをさせていただきます。工程表と設計図面に基づきながら、工事を進めます。
STEP 06 工事完了 工事が完了しましたらお施主様立ち会いのもと完了検査を行い、手直し等がある場合は手直し完了後、お引渡しになります。

 

Return Top